北九州市の絶景の赤い橋「若戸大橋」

北九州市の絶景の赤い橋「若戸大橋」若戸大橋 絶景

福岡県北九州市にはたくさんの橋があり、橋の色も様々です。その中でも今回は福岡県北九州市にある赤い橋「若戸大橋」を紹介していきたいと思います。

若戸大橋は、福岡県北九州市の洞海湾にかかる若松区と戸畑区を結ぶ赤い橋。また日本道路公団が建設し、北九州市道路公社が管理する有料道路の名称であり国道199号に属する。 日本における長大橋の始まりであり、建設当時は東洋一の吊り橋と呼ばれておりました。

晴れた日の日中や夕方の若戸大橋の下から眺める景色はまさに絶景で地元民の中で大人気の若戸大橋であり、北九州エリアのシンボルであり絶景スポットです。

北九州 絶景

周辺には上野海運ビルやクロワッサン専門店「三日月」など、カフェやお店やギャラリーなどがたくさん並んでいて、日中に人気のスポットです。橋と言えば、夜のライトアップですが、若戸大橋のライトアップは暗めなので、あまり期待は出来ません。。日中や夕暮れ時の若戸大橋は福岡県でも屈指の絶景スポットです。



北九州 絶景

また、この若戸大橋の下の海では旅客船が走っており「ポンポン船」と呼ばれています。このポンポン船は洞海湾によって隔てられた若松区と戸畑区を結ぶ航路です。

若戸大橋自体は車でしか通れないため、徒歩や自転車で対岸を渡る時はみなポンポン船を使い、約10分程で対岸に着きます。15分おきぐらいの頻度で船が出てますので、かなり便利な交通手段であり地元民から愛されています。

全国的には有名ではないですが福岡の方からは絶大の人気でありおすすめの絶景スポットの若戸大橋。ぜひ一度眺めてみてくださいね。

 

若戸大橋
所在地:福岡県北九州市戸畑区 福岡県北九州市若松区
建設:1962年
全長:2,100 m
橋の種類:吊り橋
場所:響灘、 洞海湾

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ